堀 晃さんのホームページ『マッドサイエンティストの手帳』271から

●アトム誕生祝賀記念講演会
50年前の夢・50年後の夢…ロボットとの共生・協働
 阪大フロンティア研究機構主催の講演/パネル

 2003年4月7日は鉄腕アトムの誕生日である。
 全国でいろんなイベントがあったようだが、いちばん興味深いのはこれ。
 大阪、中之島公会堂3階ホールで4月7日午後に開かれた『アトム誕生祝賀記念
講演会』。
 阪大フロンティア研究機構が主催する講演会である。
 プログラムは次のとおり。

 挨拶  河田聡(大阪大学教授・阪大FRC機構長)
 「アトムを夢みてきた日本人ロボット研究者たち」
   浅田稔(大阪大学大学院工学研究科教授・ロボカップヒューマノイドプロ
   ジェクトリーダー)
 「科学的側面からみたアトムの可能性」
   川人光男(ATR人間情報研究所)
 「ロボット形態論」
   川崎和男(名古屋工大大学院芸術工学研究科教授)
 「人工物との共生・協働」
   立花隆(評論家)
 パネルディスカッション
   立花隆
   川崎和男
   石黒浩(大阪大学大学院工学研究科教授・ATRロボット研究所客員室長)
   河田聡
   浅田稔(司会)
 ……パネルには、ゲストとしてなんと小松左京氏も参加!

  (中略)

 夕方から別室で懇親会があり、お招きを受けた。
 というよりも、タバコが吸えないと帰りかけた小松さんの連行役である。

  (中略)

 応用生物学の小林昭雄教授、任意の大気状態を再現できるカプセルを計画中と
かで小松さん助言を求める。たとえば白亜紀の空気を呼吸できるとか。これも一
種のタイムトラベルかなあ。
 河田先生は挨拶から想像したとおり『題名のない番組』のファンで、何度か投
稿したことがあるとか。ローリングストーンズを聴きに大阪ドームへも駆けつけ
られたとか。
 阪大FRCの活動からは目が離せない雰囲気である。
 あ、そうそう、小松さんの「4月7日はロボットの日にすべき」という提言に
大きな拍手が沸いたことを付記しておかねばならない。