「対談 笑いの世界」朝日選書735(2003.09.25、朝日新聞社発行)の米朝さんと
筒井康隆さんとの対談から

筒井 サンケイホールでは、師匠は何度もやっておられるんですね。
米朝 そりゃもう、何十年もやってます。あそこではテレビの公開録画もやった
   し、落語会も。自分の独演会をやったのは昭和四十五年からです。
筒井 ラジオ大阪があの建物の中にあって、ぼくは最初、小松左京さんに連れて
   行ってもらって、紹介された。それが米朝師匠との初めての出会いでし
   た。
   小松さんとご一緒に番組をやってらして。
米朝 ああ。あの番組は昭和三十九年とか四十年とか、その頃です。
筒井 ぼくは番組には出なかったけど。
米朝 星新一さんも番組に出ることはなかったけど、小松さんについてきて、ス
   タジオに入り込んで、ピアノの傍にすわって。弾けへんかいなと冷や冷や
   した(笑)。
筒井 あの人は無茶するからね(笑)。

 〔本文の注釈〕
   昭和三十九(一九六四)年から四十四年まで続いた、ラジオ大阪の「題名
   のない番組」のこと。