「小松左京マガジン」第13巻(2004.01.28、イオ発行)の「小松左京自作を語
る9 芸道小説」から

―― 米朝さんにはすぐコンタクトされたんですか。
小松 これはすごいと思って、紹介してもらって楽屋へ行った。ところが僕はS
F書き始めてからでも、ラジオ大阪で構成とかバイトみたいな仕事やってたの
ね。
だから米朝さんとも単発番組を何本かして、その後は1964年10月から『題
名のない番組』で週一回を4年半。それから関西テレビが、67年から『ハイ!
土曜日です』っていうワイドショーに米朝さんを起用すると、僕は彼の追っかけ
だったから、スタジオをのぞきに行ってたら、米朝さんが「ちょっと出て来なは
れ」と。