雑読雑聴 6

堀 晃さんによる「題なし」の紹介記事


雑読雑聴 6

桂米朝『桂米朝集成』全4巻(岩波書店)

 桂米朝師匠80歳を記念して刊行されている集成。2月現在、第3巻まで刊行され
ている。
 編者は豊田善敬氏と戸田学氏。
 これ、高いけど、ものすごくいい造りの本である。装丁が素晴らしい。
 1、2巻は「上方落語」、3巻は「上方文化」、4巻が「師・友・門下」という構
成。
 雑誌や新聞、プログラムなどに掲載された短文やインタビュー記事、対談など
が網羅されている。
 プログラムなど断片的には保管しているものもあるが、よくぞここまで集めた
ものと感嘆する。
 この種の作業、「桂歌之助」の文章を集めた経験があるから、多少は想像がつ
く。
 スクラップブック数百冊が背景に感じられるのである。
 で、この3巻目に「『題名のない番組』ふたたび」という座談会が収録されて
いる。
 「小松左京マガジン」に掲載されたもの。
 出席は、出演者であった、桂米朝・小松左京・菊地美智子、ディレクターだっ
た本田粛正の各氏。
 聴取者代表ということで、かんべむさしと堀晃が入っているが、ぼくはほとん
ど発言していない。
 これは、この座談会の「構成者」という立場で参加していたので、メモの方に
忙しく、かつ話が脱線(というよりも、無関係なことの方が多すぎ)して、話題
を「題なし」に軌道修正する方に気をつかっていたからである。
 で、カセット・テープで4時間。
 もう、構成なんてものはハナから考えてない雑談で、最後の方になって、ぼく
が細部を色々確認する質問をしている。
 しかもこの日、米朝師匠の体調はあまりよろしくなかった。
 小松さんは例によって時々入れ歯を外しての早口。
 いや、まいりましたね。
 45枚ほどにまとめるのにほぼ1週間かかった。
 テープ起こしに2日。
 半日途方にくれ、あれこれと入れ替えて、だいたいの構成に1日半。
 固有名詞や日付の確認、残っていた放送テープ(広田忠計さんの録音)の
チェックなどに1日。図書館にも半日。
 最終的なまとめと「肉づけ」に2日。
 なるべく当時の「題なし」の雰囲気を出したかったのだが、各氏の口調、とく
に米朝師匠の語り口をきちんと再現できているかとなると、はなはだ心許ない。
 (もどってきたゲラでは、多少修正されていたが、ほぼそのまま通ったが)
 ただ、潤色部分も多い気がして、最後の(構成・堀晃)という表記は遠慮した
のであった。
 こんな立派な「集成」に再録されるのであれば、「構成・堀晃」としておくべ
きであったなあ……。
 と、内輪話というか言い訳というか、ちょっと後悔しつつ。
(2005.2.11)