「小松左京マガジン」第33巻(2009.04.28、イオ発行)、「題なし」の再録
から

題名のない番組・最終回
1969年4月9日放送分


終了部分付近から抜粋

菊地 少しくくらいシーンとね、まじめに終わらな。
米朝 まじめに終わりますか?
菊地 ほんと、長い間、ありがとうございました。
米朝 ほんとに皆様方あっての番組でございました。我々も実に勉強させてもら
   いました。これはお世辞でもなんでもない。よその放送局、例えば東京な
   んかに行って、いつもこの番組の自慢をしてましたよ、我々は。それは確
   かに間違いないことです。
小松 そうですな。向こうの玄人連中が、えらく感心してた。あんな高級な投書
   が、中学生、高校生からくるんやから。日本の将来は、少なくとも強うは
   ならへんやろけど、まぁ、安心やな。賢いわな。
菊地 なんとなく、へらへらと。
小松 そうや。