「かんべむさしのホームページです」のラジオ雑談室・82(2011.08.--)から

82・ラジオはおもろいで。なあ、かんべちゃん!

☆ぼくが脱サラして間もない頃、小松さんも一緒の酒席で
ラジオの話題が出て、これは多分、往年のラジオ大阪の人気番組、
小松さんと桂米朝師匠がやっておられた、
『題名のない番組』の話がメインになっていたと思う。そのとき当方、
「自分もラジオが大好きで、いまも深夜放送の愛聴者である。だから、
いつか番組をやらせてもらえたらなあと思ったりしているのです」
とまあ、そんなことを言ったらしい。こちらはそのまま忘れていたのだが、
小松さんは覚えていてくださったらしく、後日、
ラジオ大阪から初めてゲスト出演か何かの打診電話があったとき、
「小松さんからうかがいましたけど」という前振りがあったのだった。

☆同じラジオ大阪で、小松さんが持っておられた30分番組、
週一回放送でゲスト対談をメインとする収録番組に、
小松さん超多忙につき三カ月だったか半年だったかの代役、
いわゆる「トラ」を務めさせてもらったこともある。前に書いたことだが、
六代目・笑福亭松鶴師匠のお話を伺えたのは、この番組だったのだ。

☆このトラを務めた番組のディレクターは近藤さんという人で、
小松さんからは「近スケ」と呼ばれていた。
上記『題名のない番組』の進行役は
菊池美智子さんという局アナで、愛称がミッチー。
小松さんもお気に入りのアシスタントだったそうで、
しきりにミッチー、ミッチーと呼んでおられたという。

――――――――――――――――――――――
付記
この「82・ラジオはおもろいで。なあ、かんべちゃん!」は、小松さんの人柄
がよくわかるページなので、リンク先で全文を読むことをお奨めします。