茶 摘

       文部省唱歌


1.夏も近づく八十八夜、
 野にも山にも若葉が茂る。
 「あれに見えるは
 茶摘ぢやないか。
 あかねだすきに菅の笠。」

2.日和つづきの今日此の頃を、
 心のどかに摘みつつ歌ふ。
 「摘めよ、摘め摘め、
 摘まねばならぬ、
 摘まにや日本の茶にならぬ。」


※ 1912年(明治45年)、「尋常小学唱歌 第三学年用」に
  発表される。
  この歌は、京都の宇治田原村の茶摘歌をベースにしているとされ、
  二番の歌詞に出てくる「日本」は、もともとは「田原」だった。