万葉集・巻1−28

                 持統天皇


春過而 夏来良之 白妙能 衣乾有 雨之香来山

春過ぎて 夏来るらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具山

はるすぎて なつきたるらし しろたえの ころもほしたり あめのかぐやま