菜の花や


菜の花や 月は東に 日は西に

         与謝蕪村


※ 蕪村が、神戸の六甲山脈の摩耶山を訪れたときの俳句といわれている。