オバQ


「オバQ」は「オバケのQ太郎」の愛称であり、漫画およびこれを原作とする
アニメである。
原作:藤子不二雄(藤子不二雄(A)、藤子・F・不二雄)

オバQは、オバケだが、空を飛ぶことと、消えることしかできない。また、ド
ジで大食らいであるが、愛敬があり、憎めない存在。普通の家庭である大原家
に居候をしている。
連続飛行可能距離は50kmであり、犬が苦手。


■ 漫画
小学館の「週刊少年サンデー」に、1964年(昭和39年)6号〜14号、
1964年24号〜1966年51号に連載された。また、小学館の他の雑誌
にも連載された。


■ アニメ
現在までに3回アニメ化されているが、第1回のアニメは、1965年(昭和
40年)8月29日〜1967年3月26日(毎週日曜日の夜7時30分〜8
時)に、白黒で放送された。
初回から30%以上の視聴率をとった。主題歌の「オバケのQ太郎」はミリオ
ンセラーを記録し、1966年(昭和41年)第8回日本レコード大賞童謡賞
を受賞している。

曽我町子が、第1回のアニメのQ太郎の声を演じた。

「オバQ音頭」はレコード200万枚、スポンサーが行ったプレミアムキャン
ペーンでソノシート400万枚の大ヒットとなった。レコードは1980年代
まで生産され続けるというロングラン商品となった。
また、「オバQ音頭」は、アニメソングにおける音頭曲の先駆けでもある。

◆ オバQ音頭
    作詞:藤子不二雄
    作曲:広瀬健次郎
    歌 :石川進 & 曽我町子

◆ オバケのQ太郎(主題歌)
    作詞:東京ムービー企画部
    作曲:広瀬健次郎
    編曲:広瀬健次郎
    歌 :石川 進

著作権が存続中のため、歌詞は掲載しません。

どうしても知りたい方は、こちらでどうぞ。