起きて見つ


起きて見つ 寝て見つ蚊帳の 広さかな

             加賀千代


※ 実際は、長崎の遊女・浮橋により、千代が生まれる9年前に詠まれた。