論語・為政 第二


子曰、
吾十有五而志于学、三十而立。
四十而不惑、五十而知天命。
六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩。


先生はおっしゃった。
「私は十五歳で学問に志し、三十歳で自立した。
四十歳で狭い枠に迷わないようになり、五十歳で天命を知った。
六十歳で人の言うことを素直に聴けるようになり、
七十歳で心の欲するままに任せても限度を超えなくなった。」