ローズマリーの赤ちゃん

1968年制作のアメリカ映画

若い俳優の夫と、その妻ローズマリーが、マンハッタンの古いアパートに引越し
てきた。2人と親交のある初老の友人によれば、このアパートは、以前から不吉
な噂がたえないという。
まもなく、彼女は妊娠した。一方、その友人は急病で倒れ、数ヵ月後に死んで
いったが、形見に「魔女のすべて」という古い本をくれた。その本によれば、隣
室の夫妻は、魔族であり、夫も産科医も一味だった。
ローズマリーは、なんとか無事に子を生んだが、みんなは死産だったという。し
かし、ときどき隣室から子供の泣き声がする。
ある夜、彼女は1人で隣室に入って行くと、そこにはゆりかごがあった。ローズ
マリーは近づいて中の赤ちゃんを見ると、それは悪魔の子だった。つまり、ロー
ズマリーの赤ちゃんは、悪魔大王の子だったのである……。