戦 友

      作詞:真下飛泉
      作曲:三善和気


ここは御国(おくに)を何百里
離れてとほき満洲の
赤い夕日に照らされて
友は野末の石の下

思へば悲し昨日まで
まっさき駆けて突進し
敵を散々懲(こ)らしたる
勇士はここに眠れるか

ああ戦いの最中に
隣りにをった此(この)友の
俄かにはたと倒れしを
我は思はず駈け寄って

軍律きびしい中なれど
是が見捨てて置かれうか
「しっかりせよ」と抱起し
仮繃帯も弾丸(たま)の中

折から起る突貫(とっかん)に
友はやうやう顔上げて
「お国の為だ関はずに
後れて呉な」と目に涙

あとは心に残れども
残しちゃならぬ此(この)身体(からだ)
「それぢゃ行くよ」と別れたが
永(なが)の別れとなったのか

戦すんで日が暮れて
さがしにもどる心では
どうぞ生てゐて呉れよ
物なと言へと願ふたに

空しく冷えて魂は
故郷へ帰ったポケットに
時計ばかりがコチコチと
動いてゐるも情けなや

思へば去年船出して
お国が見えずなった時
玄海灘に手を握り
名を名乗ったが始めにて

それより後は一本の
煙草も二人わけてのみ
ついた手紙も見せ合て
身の上ばなしくり返し

肩をだいては口癖(くちぐせ)に
どうせ命は無いものよ
死んだら骨(こつ)を頼むぞと
言ひかはしたる二人仲

思ひも寄らぬ我一人
不思議に命ながらへて
赤い夕日の満洲に
友の塚穴掘らうとは

隈(くま)なくはれた月今宵
心しみじみ筆とって
友の最後をこまごまと
親御(おやご)へ送る此手紙

筆の運びは拙(つたな)いが
行燈(あんど)のかげで親達の
読まるる心思ひやり
思はずおとす一雫(ひとしずく)


※ 学校および家庭用叙事唱歌集の第3編
  1905年(明治38年)9月