心臓移植手術

■日本初の心臓移植手術

1968年(昭和43年)8月8日、北海道立札幌医科大学・第二外科・和田寿
郎教授により、日本で最初、世界で第30例目の心臓移植手術が行われた。

・心臓移植を受けたのは、心臓弁膜症と診断された宮崎信夫さん(当時18歳)
・心臓を提供したのは、手術前日に海水浴中に溺れた大学生(当時21歳)

術後の経過は良好だったが、83日目の10月29日、宮崎さんは容態が急変
し、死亡してしまった。
死因は「宮崎さんが、最近患った血清肝炎で体力が弱ったうえに気管支炎を併発
していたため、喉にからまったタンで呼吸不全を起こしたことによる急変」と発
表された。

この心臓移植手術については、いろいろの問題があったと思われ、和田教授は、
殺人罪、業務上過失致死罪、死体損壊罪で刑事告発されたが、嫌疑不十分につ
き、不起訴処分となった。