歎異抄・第三条


 善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを世のひとつねにいは
く、悪人なほ往生す、いかにいはんや善人をや。
 この条、一旦そのいはれあるに似たれども、本願他力の意趣にそむけり。その
ゆゑは、自力作善のひとは、ひとへに他力をたのむこころかけたるあひだ、弥陀
の本願にあらず。
 しかれども、自力のこころをひるがへして、他力をたのみたてまつれば、真実
報土の往生をとぐるなり。煩悩具足のわれらは、いづれの行にても生死をはなる
ることあるべからざるを、あはれみたまひて願をおこしたまふ本意、悪人成仏の
ためなれば、他力をたのみたてまつる悪人、もつとも往生の正因なり。
 よつて善人だにこそ往生すれ、まして悪人はと、仰せ候ひき。