大名の月見


ある大名が月見の宴を催したときのこと、

大 名「三太夫、お月様は出たか?」

三太夫「殿は一国一城のあるじ、月は月でよいかと存じまする」

大 名「では、月は出たか?」

三太夫「満々とさえわたっております」

大 名「して、星めらは?」