徒然草・第55段

    吉田兼好(兼好法師)


家のつくりやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き頃わろき
住居(すまひ)は堪へがたきことなり。
深き水は涼しげなし。淺くて流れたる、遙かに涼し。細かなるものを見るに、遣
戸〔横に引いてあける戸〕は、蔀の間〔格子のはまつた部屋〕よりも明し。天井
の高きは、冬寒く、燈暗し。造作〔家の建具類〕は、用なき所をつくりたる、見
るもおもしろく、よろづの用にも立ちてよしとぞ、人の定めあひ侍りし。