運動の法則


1.物体に外からの力が働かなければ、
 初め静止していた物体は、いつま
 でも静止するが、動いている物体
 は、そのままの運動状態を続けよ
 うとする。

2.物体に外からの力が働けば、その
 力の方向に加速度を生じ、その加
 速度の大きさは、力の大きさに比
 例し、物体の質量に反比例する。

3.物体が相互に及ぼし会う力は、方
 向が互いに反対で、大きさはいつ
 も等しい。