兎と亀

      作詩:石原和三郎
      作曲:納所弁次郎


1.もしもし かめよ かめさんよ
 せかいのうちで おまえほど
 あゆみの のろい ものはない
 どうして そんなに のろいのか

2.なんと おっしゃる うさぎさん
 そんなら おまえと かけくらべ
 むこうの 小山(こやま)の ふもとまで
 どちらが さきに かけつくか

3.どんなに かめが いそいでも
 どうせ ばんまで かかるだろう
 ここらで ちょっと ひとねむり
 グーグーグーグー グーグーグー

4.これは ねすぎた しくじった
 ピョンピョンピョンピョン
 ピョンピョンピョン
 あんまりおそい うさぎさん
 さっきのじまんは どうしたの


※ 1901年(明治34年)に「幼年唱歌
  二編上巻」で発表された唱歌。